バッチリかせげる40代男性の在宅ワークオススメを大公開!

転職でもバイトでも男性は40代になると一気に採用がなくなるもの。履歴書を出しても見られることなくそのまま不採用になることが多いです。そんな時に気になるのが在宅ワークだと思います。

ただ、単に仕事と言っても種類は様々で隙間時間に気軽にできるお小遣い稼ぎから、本業に勝るとも劣らない過酷なものまであります。

ここでは40代の男性におすすめの在宅ワークをまとめて紹介します

 

  • 一日1時間で稼げるライターの仕事
  • 近くの本屋や家電をめぐって稼げるせどりの仕事
  • 週末の作業で稼げる転売の仕事
  • 写真やイラストを描いて販売する在宅ワーク
  • 趣味のプラモデルや工芸品の販売
  • 本気で人生逆転のアフィリエイト
  • 数字に強い人におすすめのプログラミング
  • 在宅のど真ん中投資の仕事
  • 夢の不労所得は不動産
目次

40代の男性が在宅ワークを考えるべき3つのポイント

先に40代の男性が在宅ワークをするメリットと考えるべきポイントについてお話しします。

 

  1. 将来の転職につながるのか?
  2. 仕事のスキル向上につながるのか?
  3. 時間の投資に見合ったリターンをどこまで期待するのか?

この3点は検討した方が良いかと思います。基本は今の仕事のスキルアップや転職・独立開業などにもつなげられるもの、定年後も働く想定ならばそれを見越して選ぶべきでしょう。

また、ある程度貯蓄などに余力がある方は時間とリターン、リスク配分を考えるべきかと思います。

「投資」が代表的ですがある程度の資本や資産を持てば「お金に働かせる」という仕組みが出来上がります。

定年までの20年をまず計算し、どのくらいの金額があれば今の生活が潤うのか?働き過ぎて体調を崩したりしないように、過程がある方はそのバランスも考えてみてください。

一日数時間だけ働きたい人はライターの仕事が一番おすすめ

在宅ワークの中で年齢を問われず採用されるのがライターの仕事です。スキル販売の一つで、クラウドサービスを使って特定の記事を指示通りに書いていきます。

大体時給換算で500円前後とスタートは安いのですが、専属ライターになると時給は跳ね上がって1000円~3000円ほどになってきます。

時給の分かれ道は専門性です。

保険・金融・投資などのお金にまつわる記事の単価はとにかく高く、1文字3円ぐらいでも受注が入ります。

金融関係で働いていた人は試しに受けてみると良いでしょう。趣味としても面白い案件が多く、健康食品やダイエット食品のレビュー記事のライターは先に商品をもらってそれについて感想を書くなんてものもあります。

自分も健康になるし、さらにその記事を書いてお金を稼げるのは理想的ですね!

翻訳系の在宅ライターは時給3000円からで安定する

他にも40代の男性におすすめできる高額な在宅ワークが翻訳です。英語と中国語がそこそこできれば時給も3000円代~で仕事として成り立ちます。

中間管理職になる年代なると「TOEIC」の点数が必要になってくる会社もあるはずです。必要な実力としては英検準1級程度です。

 

法人との専属契約もあれば仕事依頼も定期的に来るので、家族がいて安定を求める人は探してみてはどうでしょうか?

簡単なものから引き受けて徐々に専門翻訳という流れがベスト。

ここはちょっとレベルが高いという人はまずはクラウドのタスクで修行ですね。これですと翻訳ソフトを使い6割を日本語化、後は自分で残りを訳すというので事足ります。

近くに本屋やリサイクルショップがある人はせどりも稼げます

これは地理的な条件がありますが、近くに古本屋、家電ショップ、リサイクルショップなどがある人は散歩がてらそれらを見つけてネットで販売するせどりがオススメです。

最近小学校6年生もゴミをメルカリで売って話題になりましたが、海でのゴミだって十分お金に変わります。

参考:小学校1年生のメルカリで学ぶ『しゃかい科と経済学』

小学生でもできましたからね・・・きちんと勉強すれば40代の男性が稼げないってことはないかと思います。

実際に価格差が重要なので、古物商などにあこがれがあった人、美術鑑定が好きな人などには持ってこいの在宅ワークです。組織化すれば40代の男性でも月収数十万かせげるビジネスモデルなので是非ともチャレンジしてください。

本当に作業を効率化したければこのようなツールを使って一気に稼ぐと良いでしょう。

週末だけで稼げる在宅ワークは海外転売

男性で在宅ワークをしている人は2通りあって、体調不良などで本当に外に出れない人と、会社の給料が低すぎてそれを補うために兼業として働く人がいます。

中でも週末だけの在宅ワークと言うのはあまり大きな金額になりません。

40代からスタートするとなると50代はすぐそこで、その後も継続してはたき続けなければなりません。

そういう将来性を見越した週末起業に近いのが海外の転売です。

せどりとビジネスモデルは似ているのですが、すでに海外のネットショップで販売しているものを仕入れて、国内で売るというのがオススメです。

なぜかと言うとライバルが少ないからです。

最近はメルカリの登場で誰でも転売に手を出すようになってきたのでライバルが激増していますが、海外の取引は語学が壁になっていてまだ、隙があると言えるでしょう。

中国をはじめとするアジアの転売は週末だけで月収7桁を超える人も続出しています。

転売先はアマゾンを使いますので、こちらのツールを使っている人が多いです。

ドローンが熱い!動画やデーターが不労所得に!!

40代の男性に強調したいのは「その在宅ワークは5年後も続けられますか?」ということです。短期間の体力を削るような週末バイトは持っても1~2年です。

いつかは気力・体力・精神力が無くなって年収が下がってしまいます。40代からは突然の体調不良や親の病気などが発生することも多く、自分の手を放しても収入が得られるような仕事を持っていないと、不慮の事故に対応できません。

そこでお勧めしたいのが、ドローンを使った動画撮影の販売、イラストの販売です。こちらは飽和気味の写真販売に変わって市場がめちゃくちゃ広がっています。

田舎の何気ない風景がお金に変わるなど信じれれませんが、日本人が海外の田舎の写真をよろこぶように、外国人が日本の田舎の風景を買っていくのです。

手先が器用な人におすすめなのがプラモデルや工芸品のネット販売

今の40代ですと小さいころにガンダム・ラジコン・エアーガンなどのプラモデルを組み立てた経験がある人も多いのではないでしょうか?

今でも趣味でディアゴスティーニのような組み立てキッドを買っている人におすすめできるのが、組み立て加工や色付けの仕事です。これも結構ニースがあって、自分で組み立てるのがめんどくさい人からの応募があります。

工芸品・民芸品の手作り販売もオンラインショップで売って見ると意外と高く売れます。小さくて付加価値の高い宝飾関係は男性でも作れます。

パワーストーンなどは仕入れ価格も安く販売価格が高いです。東急ハンズ・ロフトなどに工作キッドが売ってます。

一度作ってみてそれをメルカリにアップしてみましょう?意外と趣味と実益を兼ねた楽しい副業になるかもしれません。

定年後にオンライン雑貨店を開くなんていう夢にもつながりますね!

スキルなしでも大きく可能性がある在宅がアフィリエイト

コネなし、スキル無し、時間なし、特技なし・・・特にやりたいことも見つからず40代になって鬱々としている男性がもう一度大逆転するほど稼げるビジネスモデルがアフィリエイトです。

これはブログに記事を書いて広告収入を得るビジネスモデルなので、文章を書くことが好きでないと務まりませんが、1年みっちりやり込むと不労所得が築けますし、文字通り家から一歩も外に出ず稼げる在宅ワークです。

実際に40代の男性が1年間、1日3時間以上頑張ると月収30万~50万も夢ではありません。場合によっては半年間で月に100万を超えることもあるビジネスです。

そんなに甘い話ではないのですが、いまだに伸び続ける広告市場と本気で頑張る人が少ないことも相まってオリンピックまでは新規参入の余地が相当残されていると思います。

男性が月収100万超えを目指すためのテクニックが網羅されています。

コツコツ頑張りたい人は一押しですね。

数字と言語に強い人におすすめできるのがプログラミング


40代から新しくスキルを身に着けるとなると一大勝負です。今の勉強が50代、60代になっても活きるものでなくては意味がありません。

そういう意味で圧倒的に不足が予測されるプログラミングの仕事も男性が本気でやるに値するでしょう。

最近はBtoBの高額な仕事が個人間にも降りて来て、簡単なプログラミングは民間に任せようという中小企業の依頼が激増しているのが現状です。

1案件も30万とかなり高額であり、男性の稼げる副業だと言えるでしょう。理系のメーカーにいる人などは是非ともクラウドサービスの応募に一度申し込んでみると良いですよ?

初めは5万円ぐらいの受注額でもその実力が認められれば単価は跳ね上がっていきます。

まだスキル不足と言うの人はプログラミングスクールに1~3か月通って資格を取りつつ、在宅で稼ぐというのもありでしょう。

自宅でスマホでできるバイトがコールセンターの仕事

スマホで自宅でできる仕事がコールセンターの仕事です。一見女性向けに見えますが、実は男性の優しい声の方が安心できるニーズがあります。

基本的にはマニュアル通りの対応で大丈夫です。さらに積極的に大きく稼ぎたい方は「テレアポ」案件にもチャレンジすると良いでしょう。

よく家にかかってくる「光通信の乗り換えの案内」が代表的ですが、事前に回線を引いている人を業者が調べてくれますので飛び込み営業とは違います。

1つ契約を取るだけで時給+インセンティブで給料が跳ね上がります。営業職をやっていた方にはチャレンジしてほしい副業在宅ワークです。

最も稼げる男性の在宅ワークは投資です!王道を極めよ

仕事というと、働いた分だけ対価をもらえるものという認識がありますが、それは終身雇用の根付いた日本の感覚ですね・・・。

欧米では完全歩合の仕事も多々あり、結果が出なければ即日クビ、結果が出れば年齢問わず一気に給料が跳ね上がる会社が数多く存在します。

そのような完全歩合制、勝ち負けがはっきりした分野で戦えるのが投資です。王道中の王道です。男性がやっている中で最も参加人数が多く、今後も廃れることがありません。

昨年度は仮想通貨のブームが来ましたが、Fx、不動産、株式、先物投資、金属投資など種類は豊富で、その手法も数えるとキリがありません。

リスクを取るならFXは最高に稼げますし、資金ああるのなら古代から続く不動産投資を勉強しても良いでしょう。勉強しながら情報発信をして稼ぐという合わせ技もできるので、これも男性におすすめです。

低リスクの放置型はAI投資がおすすめ

投資に関して低リスクで勉強しながら収益化を目指せるのがAIのロボ投資です。FXの場合は若干リスクが高いのですが、100万預けた時の増減が貯蓄に比べるとかなり低いです。

ゼロ金利の時に100万を眠らせていても100円程度ですが、ロボット投資はこれが数万のリターンを生んでいます。

投資で一番重要な素早い損きりをAIが0.00001秒以下でやってくれるのでそこが一番の信頼ポイントです。

最後は夢の不動産!40代でセミリタイア多数

日本の歴史を辿ってみれば古代から現代まで土地の争いが永遠に続いてきたわけで、何だかんだ狭い日本の限られた土地を持っているというだけで不労所得が生まれてしまうのが残念な事実です。

60代、70代になって体力と精神力が衰えても土地持ちはなんだかんだ言って金持ちです。誰もが夢見る最終的な資産の一つが不動産ですね。

やっぱり大家さんは強いんです。40代なら後20年を見越して家を購入し、最後は誰かに貸して田舎や海外でセミリタイアという計画をしている方も多いはずです。

ただ、そのためには事前の勉強が必須です。

今はwebで無料の勉強会が沢山開かれているのでいくつかのセミナー等に出席してから投資判断をした方が良いかと思います。

実際は勉強会に来る人は考え方も若く楽しいです。みなさん本当に勉強熱心ですね!

近場にあったらまずは参加してみると良いと思います。

 

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる