2021年最新版!女性におすすめの高収入在宅ワーク総まとめ

女性におすすめの在宅ワーク、と聞くと一昔前の「内職」をイメージする人はいませんか?

昭和のころにあった、内職といえば、単価の低いものばかり。

コートやジャケットのボタン付け、スカートの裾上げといった衣料系の内職から、グリーティングカードの組み立て、機械の組み立て。大変な割には、ボタン付け10個で5円といったもので、私たちの祖母や母たちは、本当に苦労していたのですね。

しかし、安心してください。

今の私たちには、明るい副業が待っています。頑張れば月収20万以上。本業に負けずともおとらない仕事がありますよ!

それでは、女性におすすめの在宅ワークについてご紹介しましょう。

目次

女性に最適な副業採択ワークがある

ネットワークの普及により、在宅でもできる仕事が増えています。

ネットワークエンジニア、システムエンジニア、プログラマーといった資格や経験が仕事もあれば、ブロガーやユーチューバー、インスタグラマーといったちょっとしたコツをつかむと、誰にでもできる仕事もあります。

近年、在宅を推奨することで、コールセンターなどの仕事も、在宅仕事で可能になっています。

元々、アニメーターや作家、翻訳家などは在宅の仕事ですが、近年はゲームプログラムや動画編集などの仕事も在宅でできるようになっています。

在宅ワークには、資格が必要、経験が必要な仕事が増えていますが、中には普通の主婦や初心者向けの在宅ワークも増えています。

手軽な仕事なら、お小遣い程度になればよいという人向けのものもありますので、こういった仕事は副業にもピッタリです。

初心者向け在宅ワーク

まずは、副業にピッタリ資格も経験も不要な在宅ワークからご紹介しましょう。こういった仕事はネットを見たり、発信することはできても、難しい操作やプログラミングができない人でもできる仕事です。

初めのうち、収入はわずかですが、続けていくうちに月数万円から数十万円になるものもあります。何の資格もいらないため、主婦の間で人気の在宅ワークです。

  • モニター
  • ブロガー
  • アフィリエイター
  • WEBライター
  • シナリオライター

これらが有名ですので解説していきますね!

アンケートモニター

モニターは、たくさんの仕事があります。副業として最適で、たくさんのモニター登録をすることで、毎月数万円になることもあります。人気のモニターには、現金収入になるものもあり、毎月数千円から数万円まで様々です。

モッピー

一番手軽でポイントをお得に貯められるサービスです。一番有名なとことなので登録されている方も多いかと思います。

日用生活用品に関するアンケートも多く、スマホで簡単に入力できるので隙間時間の副業としては最適ですね。

子育てママさんの強い味方です。

詳しくはコチラ

NTTコムリサーチ

 

楽天銀行、ゆうちょ銀行の他、たくさんの銀行に振り込み換金することができます。
NTTコムリサーチはアンケート数がとても多く、毎日数件から10件以上届くこともあります。
ポイント単価も良く、母体がNTTという日本一の会社という安心感もあります。

詳しくはコチラ

マクロミル

アンケートを答えることで、毎回ポイントをもらうことができます。ポイントを貯めることで、現金と交換したりANAやJALなどのマイレージ、商品と交換することができます。

現金なら月数千円以上になります。

詳しくはコチラ

ポイントタウン

GMOインターネットが運営するモニターサイトです。通販サイトともコラボしているため、こちらを通してネットショッピングするとポイントが貯まる、という制度もあります。

ポイントは、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行など各銀行への現金振り込みによる換金も可能です。

詳しくはコチラ

楽天モニター

換金するのは、楽天銀行など限られますが、楽天ポイントにしてお買い物をしても良し、そのまま貯めてEdyにして他で利用しても良しのモニターです。

詳しくはコチラ

dポイントクラブアンケート

日本一と人気の高いdポイントのアンケート制度です。

モニター登録の必要がなく、dポイントカードを持ちdポイントクラブに登録するだけで、ポイントを貯めることができます。

その中でも、アンケートに答えることで、dポイントが増えるため、dポイントが使えるお店で電子マネーとして利用することができます。スマホの利用料金にも換金できるので便利です。

こういったアンケートモニターは、一か所で月数千円から数万円になります。

2019年以前は、アンケートモニターから一部の人が座談会や会場モニターなどに参加できる制度もありました。コロナ禍以降、実施されていない様子です。座談会など出席し、直接商品を見たり試食し、意見を交換することで、1回3,000円から10,000円といったものがあります。

アンケートといっても、昔のように街中で声をかけるのは悪質商法と混在してしまうため、避けられるようになっています。そこで、企業の開発部や大学の研究室、行政でもこういったモニター制度を利用しています。

積極的に参加すると、月に数万円になるため、こういったモニター副業をする人が増えています。しかし、この中にも詐欺まがいのものがありますので、できるだけ信頼のおける大手運営や、普段自分が利用している企業が立ち上げたものをお勧めします。

現金でなくても、という場合は「味の素」「カゴメ」などの企業がモニターを募集していることもあります。

詳しくはコチラ

ブロガー

ブロガーには、大きく分けて二つのタイプがあります。

一つは、自分のブログサイトを運営し、そこで自分が発信したいものを積極的に発信しているライターさんです。

二つ目はクラウドソーシングなどを利用して書くブロガーさんもいますが、こちらは分類的にはWEBライターになります。

お料理や小物づくり、DIY、アニメなどの運営サイトが有名ですが、人気のブロガーはサイト収入だけで数万円以上、中には本を出版している人も多くいます。

マッチングアプリや断捨離などで人気ブロガーになると、講演などを依頼されたり、テレビ出演などをしている人もいます。

詳しく勉強したい方はコチラ

アフィリエイター

化粧品やサプリメントなど、色々な商品を試して、その商品紹介を専門にするブロガーです。商品を試して、良いところをピックアップし、記事の中に商品の公式サイトの広告を貼り付けます。

ほとんどの人は、インスタグラマーやクラウドソーシングに所属しているライターさんですが、仕事を請ける人の中には,向き不向きもあります。所属するクラウドソーシングは、ブロガーと同じになります。

中には、自分に合わない化粧品やサプリメントを利用して、その商品を良いものと書くこともあるため、プロ意識が必要となります。

 

詳しくはコチラ

WEBライター

ブロガーやモニターなどの紹介サイトを利用し、こちらから定期的、または不定期に仕事の依頼を受けて、様々な記事を執筆するWEBライターです。「クラウドソーシング」といったサイトから紹介を受けて仕事をしている人が多くいます。

記事の種類は様々で、自治体の紹介やニュース記事、テレビ番組の紹介、健康食品の紹介など様々です。とにかく、文章を書くことが好き、という人向けのお仕事になります。

 

クラウドソーシング

気軽に多数の案件を引き受けられるのがクラウドソーシングです。

クラウドワークス

クラウドファンドを運営している会社のクラウドソーシングサービスです。
初心者向けの案件も多く、主婦が多く在籍しています。

比較的単価の低い1件10円くらいの手軽なものから、大きな仕事まで紹介があります。
ライターとして頑張って執筆を専門にしている人は、毎月5万円以上、中には数十万円になるようです。

ランサーズ

フリーランサーとして仕事をしたい人のための、システムが充実したサイトです。ライターとしての仕事は、専門的な知識や実力がないと少し難しいかもしれません。

所属している人は元弁護士やWEBエンジニアなど専門職の人も多く、初心者には少し難しい案件が多いのが特徴です。

クラウディア

完全在宅ワークでがっちり稼ぎたい、という人におすすめのサイトです。
男性向けの募集も多くありますので、専門的な知識がある人の副業に最適ですが、初心者には少しハードルが高い案件が多いようです。単価が高いものが多いのも特徴です。

副業としても、月に1万円を超えることがありますが、副業は年間20万円を超えると、確定申告が必要となるので、定期的な仕事を受ける時は注意しましょう。

自分でブログサイトを立ち上げるのは難しいという人は、まずはこういったクラウドソーシングを利用し、ライターとしてのテクニックを身につけるのも良いでしょう。

シナリオライター

ゲームのシナリオ、YouTubeのシナリオ、映画やドラマのシナリオとたくさんの物語があります。
物語を演じるためのシナリオを書くという仕事があります。

シナリオライターは、企業などに所属して給与という形で請ける仕事もありますが、フリーのシナリオライターの仕事もあります。

養成所やシナリオを学ぶ教室などで勉強をしてなる人もいますが、公募やコンテスト、持ち込みなどでなる人もいます。幅広い分野で活躍が期待されている仕事のため、人気が高まっています。大きな仕事を持つまでは安定した収入がないため、副業としてシナリオを書いている人もいます。

在宅リライター

これはもともとある文章に編集をかける仕事です。文字お越しなどに近いですが、会議のメモをまとめなおしたり、仕様書を分かりやすく手直ししていきます。

企業案件を受けられるようになるとこれまた時給3000円を超えてきます。まずはブログライターでスキルUPしてから応募すると良いと思います。

資格や経験が必要な在宅ワーク

できれば、何か資格を活かした仕事がいたい、経験を活かした副業をしたいと考えている人はいますか?

世の中には、色々な仕事があり在宅でありながら、本業として仕事ができるものもあります。
しかし、こういった仕事は、いつでも募集をかけているわけではないため、ちょうど見つけたときがチャンスとなります。

気になる人は、探してみましょう。

  • 添削指導
  • データ入力
  • インストラクター・先生
  • ハンドメイド
  • プログラマー

添削指導

比較的有名なものがベネッセの「赤ペン先生」ですが、こちらは通年募集をかけているわけではありません。

以前は、単価が安いと途中でやめる人も多くいましたが、ネットワークの普及で内容や形も変わってきました。

通信教育の添削や、文章校正、添削の仕事です。

中には、マッチングアプリの自己紹介を添削、校正するという仕事で普通の正社員以上の収入をあげている人もいます。

ベネッセアルバイト募集はコチラ

通信教育の添削

進研ゼミやZ会、河合塾など教育関連の通信教育の添削から、教育関連の出版社が制作している教科書や問題集、参考書などの添削や校正の仕事もあります。

多くは、大卒、教員免許などの資格がある人が優遇されますが、出来高制のため初めは単価が安く割が合わないと長続きしない人もいます。

しかし、慣れてくると、完全在宅でも仕事が可能となり、小さな子供がいても時間の自由が利く仕事です。字がきれいな人というのも条件になります。

進研ゼミ、Z会は教科専任や担任指導者として、固定の生徒を持つことができるため、ランダムな採点だけではありません。一年を通して、決まった子供とのやり取りができるため、やりがいのある仕事です。

Z会アルバイト採用ページはコチラ

文章校正

マッチングアプリに書く自己紹介によって、出会いが全く違うということがテレビなどでも放送されるようになりました。有名な人では「おとうふさん」がいますが、彼女は学校の先生です。

先生という仕事は「文章」を書く、話すという機会が多く、こういった文章を読んで「それはおかしい」「そんな言葉使いでは他人に伝わらない」ということに気が付くことがあります。こういったスキルを活かし、在宅でもできる文章校正という仕事があります。

データ入力

パソコン操作、ネットの基本的な知識があれば大丈夫です。依頼されたデータを、依頼された形に入力する仕事で、インターネット環境があれば、できる仕事です。

パソコンはSNSで発信するだけ、ただ見るだけという人には、少し難しいかもしれませんが、エクセルの基本操作ができれば大丈夫というものもあります。

ExcelやWordなど、基本的な操作が可能、処理経験があるという人は探してみましょう。

ネットを使った講師業

元々、カルチャーセンターなどで教えていたという人も、在宅での仕事に切り替えて教室運営をしている人も増えています。中には、不特定多数な人に、YouTubeなどを使って教えている人もいます。

内容も多種にわたっています。折り紙から着付け、手芸や料理、お菓子作りといったものから、楽器演奏、ヨガなどもありますので、まずはYouTubeなどを利用して自分の名前と実力を知ってもらうというのも一つです。

また、あらかじめ持っている資格を活かしたり、新しく資格を取り、それを教えるという方法もあります。

英会話などは、人気がある先生になると1時間2000円~5000円と、かなりの高額でも生徒が集まるという人もいるくらいです。

リモートインストラクター

コロナ禍以降、リモートを利用する通信教育が普及しています。

英語や数学などの学習塾はもちろん、英会話や料理、ダンスなど教室に通うことなく学ぶことができるようになりました。学ぶ人がいるということは、教える人もいるということです。

オンライン教室開設

教室を解説する方法は二つあります。

一つは、公文教室、ECCや学研、NHK学園、ベネッセなどの教室やカルチャースクールなどに登録し、そこの先生として仕事をする方法です。

料理の場合は、初めはABCクッキングやベターホーム、着付けならハクビ着物教室などに所属し、免許を取って開設する方法です。

教室を開設するためのノウハウ、生徒の募集の仕方や教材などを提供してもらえるなど、始めるための手順を悩む必要はありません。しかし、中間マージンが多いため、かなりの生徒数を抱えないと収入としては割が合わないという人もいます。

また、一人が単価だけの生徒よりも、2つ、3つと複数の教科や週に通う日数を増やしてもらえると、20人でも3教科で60人分、30人でも週2日で60人分と述べ人数として計算し、教室によっては月20万円以上になるようです。

個人で開設するためには、場所の確保、生徒の募集と全て自分で行うことになります。人気が広まれば、月20万円以上の副収入になる人もいます。

自宅を教室にすると、ご近所の方から「生徒の自転車が邪魔」「送迎の車が邪魔」「うるさい」と苦情が出ることもあります。教室を開設する場合には、色々なリスクも考えて始めましょう。

大学や進学校の非常勤講師、予備校の先生の中には、こういった仕事を副業にしている人が多いようです。しかし、フリーの仕事として、かなりの収入になることもあるため、必ず「確定申告」が必要となりますので、気を付けましょう。

 

女性クリエイター向けの在宅ワーク

子供たちに「将来何になりたいか?」と聞くと、増えているのが「声優」と「ユーチューバー」「vチューバー」です。その中でも、在宅でできるユーチューバーは子供だけでなく、主婦の間でも人気の在宅ワークとなっています。

  • ユーチューバー・Vチューバー
  • イラストレーター

ユーチューバー・Vチューバー

一発芸からおもしろ動画、ハウツー動画と様々な動画を配信することで広告収入を得ているのが、ユーチューバーです。
ほとんどの人は、儲け度外視でやっている仕事ですが、フォロワーが多い人気のユーチューバーの中には、月に何十万円になっている人もいる仕事です。

しかし、これは芸人や漫画家さんと同じで、必ずしも安定した収入があるわけではありません。プロダクションに所属することもないため、それ以上に不安定な仕事になります。

また、顔出しは「嫌」という人のためにブイチューバーという仕事もありますが。こちらでも人気のキャラクターを使っている人はテレビ出演をしているほどの人気です。

イラストレーター

絵を描くのが好きだけれど、それで食べていくのは難しい、という人の中でイラストレーターという仕事があります。ちょっとした広告や、フリーペーパーなどのイラストを描いたり、ブイチューバーの「絵師」さんとして活躍している人もいます。

漫画となると「背景」が描けない、物語が作れないという人が挿絵を描くことで、人気が上がっている人もいます。

 

ハンドメイド作家

手先が器用、小物づくりが好きという人におすすめするのが、「ハンドメイド作家」です。アクセサリーからかばん、一点物の服や着物まで、様々なものがあります。

ハンドメイドになるには、専門の講座を修了してから始める方法もありますが、ほとんどはサイトなどで自分の作品を紹介し、そこから名前を知ってもらう、注文を受けるという形になります。

ハンドメイド作品を売買している専門サイトに登録する人が多いようです。

プログラマー・ウェブデザイナー

プログラマーやシステムエンジニアの仕事も、在宅で十分に可能な世の中になりました。
それに伴い、元々企業内で仕事をしていた人が、リモートワークで仕事をしたり、フリーになって仕事をしている人も増えています。

経験を積んで在宅での仕事をする方法、専門学校などで勉強し仕事を請ける方法と色々な方法があります。

ゲームプログラマーやシステムエンジニアを目指す人におすすめの在宅ワークです。

まとめ

在宅での仕事も多岐にわたるようになりました。簡単なものから、大変なのもまで様々です。

副業として、簡単な仕事をしたい、隙間時間にできる仕事で十分という人は、準備などを必要としない仕事を探してみましょう。頑張って稼ぎたい、という人は色々な人から情報を得て準備をしっかりとしてから始めるようにしましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる