物書きに最高の副業はコレ!エッセイを書いて稼いでみては?

若い内はがむしゃらに働いて貰った給与は全て趣味や娯楽に費やしても、何とか生活していける場合もあるかもしれません。

しかしある程度の年齢をむかえると男性などにおいては結婚などを検討したり、すでに家庭を持っていたりする事もあり、将来に備えた安定した生活を検討しなければならない場合もあるでしょう。

家庭を持っている場合には自由にできるお金もそれ程ない事もあるため、好きな事に使えるお金を制限されてしまい人生の楽しみを満喫できない方も少なからずいらっしゃいます。

そんな物書きの方にに満足感を与えるのがエッセイを書いて稼ぐ副業です

目次

物書きを副業にしたいなら在宅ライターから始めよう!

物書きというと、小説・新聞や雑誌などでプロのライターとして記事を書くようなイメージを持たれる方もいらっしゃるでしょうが、インターネットが充実している現状においては誰でも行える可能性のある仕事です。

クラウドソーシングサービスなどが現状では充実しており、その以来の幅も広がっています。

  • 小説の感想文
  • 簡単な飲食に関するエッセイ
  • 映画の書評
  • ドラマの感想

今まではプロに依頼するような物書きの仕事が、個人にも門戸が開かれた感じです。

特に今はホームページやブログにコラムニストやエッセイストの記事を掲載する記事を個人に依頼しようとされる方も少なからず存在しています。

その際にお金が必要と言う事もなく、もしも失う可能性があるお金が存在するのであれば手数料などが発生する程度です。

そのため、初期費用などが発生する事もなくリスクなく副業を始める事ができるでしょう。

男性の副業としては仕事が終わった後でも好きな時間にできるため、良い副業の一つと言えるかもしれません。

パソコンとインターネット環境があればどこでもできる仕事であり、空いた時間に少しづつ記事作成を行う事でお小遣い程度は誰でも稼げる可能性があると言えます。

クラウドサービスのライターはある程度自由が制限される

把握しておきたい事としては、クライアントが望まない文章を書いてしまうと承認されずにお金が全く貰えなくなるリスクもあります。

特に1記事1000円以上からはその傾向が増え、3000円になるとかなりのスキルが必要になってきます。

500円~1000円の場合は気軽に書いても承認されるケースがほとんどです。

ただ、無駄な時間を費やしてしまう事になるかもしれませんので覚悟しておく必要があります。

記事作成サイトによっては修正して再投稿できる場合もあり、そのようなサイト利用を行えば少しはリスクを軽減しながら仕事ができる場合もあるでしょう。

クライアントの中には自由で完全にお任せという方もいます。

テストライティングで専属コラムニストやエッセイストになれるかが決まるケースが多いので、初回の入稿は気合を入れて書きましょう。

それぞれのクラウドソーシングサービスで仕事の募集量も異なります。

効率的に稼ぐためには複数のサービス活用も必要です。

より稼ぎたいと言う方は、それらも考慮に入れて仕事を行いましょう。

また、副業においては会社が禁止している事も珍しくはなく、そのあたりを把握してから始めた方が良いと言えます。稼ぎ過ぎると発覚してしまう危険性もあるため、事前に確認しておきましょう。

電子書籍出版なら趣味の物書きでコツコツ収益化が可能

世界的に景気の動向が不安定な現代であり、先行きが見えない時代です。社会人の給料の平均もあまり良いとは言えない半面、物価は上がっている傾向です。給料以外に副業で稼ぐという考え方が増えてきています。

副業というと会社の仕事以外の時間でしかできません。男性ができる副業の種類は、いくつかありますが、すぐに稼げるものは、多いとはいえません。

その中で自分でコツコツと積み上げていく副業として電子書籍で稼ぐというものがあります。

スマホやタブレットだけでも稼げるのが電子書籍

アマゾンKDPは、無料で販売できます。自分で形になるものを残したいという目標がある方にはもってこいです。また、電子書籍は紙や印刷などの手間がない分簡単で、文章を書いていけばよいのです。

 

ただし、販売するものとして出すわけですから中身がなければ継続して売るのは難しいです。

ただ、プロの作家でなくても気軽に挑戦できるという点では、楽しみながらできるでしょう。

電子書籍出版のメリットとして挙げられるのは、初期投資がパソコンやスマホ、タブレットのみということです。

自宅で好きな時間、空いた時間にできるということも本業がある場合には助かりますよね?

そしてアマゾンは印税収入が高めです。

スマホが普及されてきていますので、スマホで簡単に読めてしまう手軽さ、紙の書籍より読む側が安く購入できるということ、本棚が要らない上に簡単にデータで持ち運べること、データが劣化しなければ永久に何度でも読めることなど売る側にも購入する側にもメリットがあるのでこれからのニーズが期待できます。

  • 正しい日本語が書けること
  • きちんとした内容構成で書くこと
  • どの年代層に読んでもらうかを決めて内容を書くこと

 

が挙げられます。

 

収入に関しては、最初から高収入が望めないということは覚悟しておきましょう。

月2,000円くらいにしかならないなんてことは、当たり前です。

時間を置くごとに少しづつ上がっていくか、何本か作品を書いていくうちに良いものが売れるといった具合です。

エッセイ風の商品紹介の記事も物書きが楽しみながら稼げる副業

他にも、物書きが楽しめる副業として通販ショップでのコラム風の商品紹介で稼ぐという手段があります。

有名なのは糸井重里さんの通販生活ですね!

実は指定された商品に関してのコラムを書くだけで確実にお金がもらえるふくぎょうがあります。

A8ネット記事作成プログラムはコチラ

例えば上場企業のファンコミュニケーションズが運営しているA8ネットでは商品紹介を書いてお小遣いという企画が毎月更新されています。

売れる売れないとは関係なく、企業が知名度UPのためにやっている企画なので表現に知らバレず自由に書くことが可能です。

こういうのも物書きにはうれしいお小遣い稼ぎになると思います。

本気で商品紹介の文章を書けると可能性は大きく広がる

これは「自由に楽しむ」というカテゴリからは少し外れてしまうのですが、きちんと狙った商品を紹介し、ブログで集客できるようになるとその売り上げはライターの比ではありません。

ペットにまつわる記事を書いて一緒にドックフードを紹介したり・・

子育てに関するエッセイを書いて、ついでに商品を紹介するなんてことも可能です。

コチラはブログの開設と維持費として年間1万円~2万円ぐらいの初期投資もかかるのですが、何と言っても自分の表現で商品が売れていくのが最高です。

ノウハウに関してはウェブ上にいくつかあると思いますがこのようなブログ講座できちんと学んだほうが良いと思います。

有名な作家さんは高齢者も多く、物書きの副業は長く続けられることが証明されています。文章が好きという方はぜひチャレンジしてみてください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる